ワーケーション

【離島でワーケショーン?】おすすめのホテルやプログラムを紹介!

【離島でワーケショーン?】おすすめのホテルやプログラムを紹介!

パソコンで完結する仕事であれば、どこでも働ける今の時代。”ワーケーション”や”テレワーク”といった言葉が、広く認知され始めています。日本全国どこでもワーケーションは可能なのですが、その中でも今、離島が注目を集めています。気軽に行けない場所だからこそ非日常感を味わうことができ、特に都会に住んでいる人たちから人気です。

そこでこの記事では、離島でワーケーションをするメリットや、テレワーク環境が整っているおすすめのホテルをご紹介します。「仕事も遊びも満喫できる穴場の離島を知りたい!」と思っていた方は、ぜひ参考にしてください!

離島がワーケーションにおすすめの理由

人や観光地が少ないため仕事に集中できる

有名な観光地や都内から気軽に行ける場所は、いくら平日を狙ってもそれなりに人で賑わっています。観光地やお店が多いのは、一見メリットにも思えますが、言葉を変えれば誘惑が多いということ。

仕事と遊びをバランスよくこなしたいのであれば、程よく田舎の方がいいこともあります。離島は、人が集中して集まらない場所だからこそ、仕事をするにはもってこいの場所なのです。

島全体でワーケーションをバックアップしているケースが多い

多くの人に足を運んでもらう秘策として、ワーケーションのPRに力を入れている離島が実は全国にたくさんあります。これまで特に行く理由がなかった島でも、魅力的なワーケーションプランがあれば、多くの人が興味を持つようになるでしょう。

離島でのワーケーションは、ホテル内だけではなく、Wifiやコンセントが完備されたカフェが多くあったり、魅力的なアクティビティに参加できたり、島全体で楽しめるようになっているのが特徴です。

【離島】ワーケーションにおすすめのホテル/プログラム

長崎県壱岐島「壱岐市シェアハウス」

(引用/フリーウィルスタジオ公式サイト

福岡からフェリーで1時間で行ける壱岐島は、島全体がワーケーションをPRしている代表的な島です。島のどこでも仕事ができるように、テーブルやモバイルWifiなどを貸し出すユニークなサービスや、リゾート型テレワークセンターがあります。少し珍しいものだと、定期的に”焚き火時間”が設けられ、ワーケーションで壱岐島に来ている人たちと地元の人たちが集まって、様々な意見交換を行います。

1人でじっくり仕事をする、というよりは、離島で新たな繋がりや、価値観に触れたい、という人におすすめです。

プログラム詳細ページ▶︎http://iki-sdgs.jp/iki_en/

鹿児島県屋久島町「屋久島サウスビレッジ」

(引用/屋久島サウスビレッジ

屋久島は島の一部が世界遺産に登録されていることで有名ですが、世界でも屈指の雨量を誇る島でもあります。数日の滞在ではなかなか思うように観光できないことも多いのですが、ワーケーションとして滞在すれば、雨の日は仕事、晴れの日は観光、など、賢くスケジュールを組むことができます。

観光地なのでいくつかホテルはあるのですが、その中でも屋久島サウスビレッジがおすすめ。決してアクセスの良い場所とは言えませんが、様々なアクティビティが用意され、充実した時間を過ごすことができます。

宿泊者同士が気軽にコミュニケーションを取れる雰囲気の宿なので、新しいビジネスパートナーを見つけられるかも?宿独自のワーケーションプランを提供しているので、興味がある方はぜひご覧ください。

プログラム詳細ページ▶︎https://yakushimasouth.wixsite.com/south/workation

気仙沼大島「旅館 明海荘」

(引用/明海荘公式サイト

これまでフェリーでしか行けなかった気仙沼大島。2019年4月に気仙沼大島大橋が開通し、気仙沼市内から気軽に渡れるようになりました。こじんまりとした離島ですが、全国2位に選ばれた美しいビーチがあったり、1日1,000円で借りられるレンタサイクルがあったり、様々なアクティビティを楽しめます。

旅館 明海荘には、ワーケーション目的の方のために、Wi-Fiが完備された会議室を無料で利用することができるプランが用意されているので、仕事に集中するにはもってこいの場所。全客室が海側に面しており、太平洋を眺めながら贅沢な時間が過ごせます。

沖縄県宮古島「ウェルネスヴィラブリッサ」

(引用/ウェルネスヴィラ ブリッサ公式サイト

「沖縄本島では物足りない!」そんな人は、沖縄の離島も視野に入れてみてください。宮古島は、観光地なだけあって見所がたくさん。”東洋一美しい海”と称されるほど綺麗なビーチが点在しているのはもちろん、天然温泉や手付かずの自然を楽しむことができます。

ウェルネスヴィラブリッサにはワーケーションプランあり、デスクとWifiが完備された部屋で快適なリモートワークが可能。キッチンとリビング付きのコンドミニアムなので、長期滞在にも向いています。

東京都八丈島「ロッジ オーシャン」

(引用/八丈島ロッジオーシャン公式サイト

都心から近い離島でおすすめなのが八丈島。羽田空港から直行便が出ており、わずか1時間弱で到着します。一応観光地ではありますが、それほど観光客が多い島ではないので、人が多い場所を避けたいという人におすすめ。

ロッジ オーシャンは、観光スポットにもアクセスしやすい場所にあり、”お仕事観光応援プラン”があるので、ロングステイにも向いています。海水浴場に徒歩5分で行けますし、格安レンタカー(24時間5,500円)もホテルで予約することができます。

ワーケーションをするなら離島がおすすめ!

都会の喧騒から離れ、離島で過ごすだけで、非日常感を味わうことができます。有名な観光地と比べて人もあまり多くないので、ワーケーションをする拠点としてはもってこいの場所。

多くの離島は飛行機かフェリーを使わなければいけないので、移動には多少時間がかかってしまいますが、一度渡ってしまえばこっちのもの。腰を下ろして仕事に集中し、休憩時間には自然の中でリフレッシュできます。離島でのワーケーションを考えていた方は、ぜひ今回ご紹介したホテルやプログラムの利用を検討してくださいね!

ABOUT ME
TELETRA
「テレワーク」×「トラベル」を掛け合わせた、仕事しながら旅する人をサポートするサイトです。