体験記

【体験レポ】日光鬼怒川温泉「あさやホテル」でワーケーション!WiFiや周辺施設はどんな感じ?

おすすめの温泉街はありますか?

今回ご紹介するのが栃木県日光市にある鬼怒川温泉です!

東京から特急電車や高速道路を使って2時間ちょっとで行くことができます。

栃木県までもっとかかると思っていましたが、実際のところ意外と近く感じました。

「東京の奥屋敷」と呼ばれている鬼怒川温泉でワーケーションをした体験談をご紹介できればと思います。

鬼怒川温泉ってどんなところ?

(引用 阪急交通社

鬼怒川温泉は栃木県日光市にある鬼怒川上流域にある温泉です。

温泉街として有名な箱根や熱海と並ぶ「東京の奥座敷」として知られており、たくさんの観光客で賑わっています。

鬼怒川温泉の泉質はアルカリ性単純泉で、火傷に効能があると言われています。

鬼怒川温泉の歴史

(引用 BIGLOBE

1961年に沼尾十兵衛が鬼怒川右岸で源泉を発見し、昔は「滝温泉」という名前でした。

日光詣帰りの諸大名や僧侶たちのみが利用できる温泉でしたが、明治時代以降は一般に解放されました。

そして明治2年には東岸に藤原温泉が発見され、滝温泉と藤原温泉の2つを合わせて鬼怒川温泉と呼ばれるようになり、同時期に旅館やホテルの開業が始まりました。

鬼怒川温泉って何があるの?

鬼怒川温泉には約40軒のホテルや旅館、その他に保養所や市営の公営浴場、民間の入浴施設などもあります。

また、鬼怒川温泉駅周辺には、土産物店やカフェ、旅館観光案内所など様々な施設が立ち並んでいます。

「あさやホテル」でワーケーション!

鬼怒川温泉「あさやホテル」へワーケーションをしに行こうと思った理由は、宇都宮で餃子を食べたくなったので、ついでにワーケーションもしちゃおうというノリで行くことにしました。笑

昼食は宇都宮市内の餃子屋さんで餃子を食べ、そこから下道で1時間ほどで日光鬼怒川温泉へ到着しました。

「あさやホテル」へ到着すると仲居さんが迎えてくれました!

「あさやホテル」ってどんなところ?

あさやホテルは1888年に創業された鬼怒川温泉最大の宿泊施設です。

ホテルのエントランスには巨大なシャンデリアが飾られており、総工費はなんと73億円かけられているそうです。また、シャンデリアの下には自動演奏のパイプオルガンもあり、優雅な演奏を聞くことができます。

館内にはキッズルームやカラオケ、ティーラウンジなど、様々な施設が備わっているため、十分に楽しめます!

 

こちらのYouTubeにもまとめました!

今後もYouTubeにて施設情報を紹介していきます。

「あさやホテル」気になる温泉は?

(引用 あさやホテル

浴場は空中庭園露天風呂、客室風呂、大浴場の3種類があり、13階にある空中庭園露天風呂は美しい大自然を眺めることができます。

日帰り入浴での利用はできませんので、是非宿泊して疲れを吹っ飛ばしてみてください。

あさやホテルの温泉の詳細はこちらから。

「あさやホテル」客室やWiFi速度は?

(引用 あさやホテル

客室数は190を超え、全室Wi-Fiが完備されています。WiFi速度は「30Mbps」となっていますので作業自体は問題なくできました。

客室には冷水ポットやお茶・コーヒーセット、冷蔵庫などもありますので、部屋ではリラックスしたひと時を過ごすことができます。

窓からは川のせせらぎが聞こえてきて、とても心地よい空間となっています。

「あさやホテル」はビュッフェが100種類以上

こちらはいちごのデザート期間のビュッフェです。

(引用 あさやホテル

夕飯は宿泊プランによりますが、コースとビュッフェの2種類があります。ビュッフェは100種類以上の料理が揃っています。

オープンキッチンにはお鍋や鉄板料理、天ぷらなど、どれを食べようか迷うほどメニューが豊富でした。デザートは季節ごとに変わり、私が行った時は抹茶スイーツがありました!

朝食も夕食に劣らずたくさんのメニューがあり、食事を楽しむことができました。

鬼怒川温泉でのワーケーションは短期滞在がオススメ!

車などの移動手段があると少し足を伸ばして日光東照宮や華厳の滝、中禅寺湖などに行くことができます。

「あさやホテル」周辺は散策できるような感じではそれほどないので、ホテル内で非日常を味わうことを楽しめる方にはとても楽しめるかと思います!

予約フォームはこちら

 

当サイトでは全国のワーケーション情報を多数紹介しています。

「日光も良さそうだけど、他の観光地も検討したい」

という方はぜひ他の記事も参考にしてみてください。

本記事も最後までお読みいただきありがとうございました。