体験記

【体験レポ】星野リゾートOMO5東京大塚でワーケーション!仕事仲間と利用がオススメ!

都内にいながらサクッとワーケーションを体験したい!

そんなふうに考える方もいるのではないでしょうか?

今回は東京山手線大塚駅から徒歩1分にある星野リゾートOMO5東京大塚でワーケーションをしてきました。

体験談として早速ご紹介しますね!

星野リゾートOMO5って何?

星野リゾートと言っても、さまざまなグレードのお宿があります。

 

1.星のや

(引用 星野リゾート

こちらは「現代を休む日」をコンセプトにした日本初の和風ラグジュアリーホテルです。

軽井沢や沖縄など日本各地にあり、それぞれの土地のテーマが色濃く出ていることが特徴となっています。

 

2.界

(引用 星野リゾート

こちらは現代風に温泉文化をアレンジした日本旅館です。

地元食材を生かした和食の会席コース「日本旅会席」が宿泊客に人気となっています!

 

3.リゾナーレ

(引用 星野リゾート

こちらは西洋型のリゾートホテルです。

自然を満喫できる種類豊富なアクティビティを体験できる宿泊施設となっています。

 

4.OMO

(引用 星野リゾート

こちらは「旅のテンションをあげるホテル」がコンセプトの都市型ホテルです。

周辺エリア全体をひとつのリゾートと位置づけているので、地域の魅力を感じることができます。

 

5.BEB5(ベブファイブ)

(引用 星野リゾート

こちらは「仲間とルーズに過ごすホテル」がコンセプトのカジュアルなホテルです。

2019年に立ち上がったばかりなので全国に2店舗展開となっています。

 

星野リゾートOMO5東京大塚を選んだ理由は?

星野リゾートは都内に2箇所あります。そのうちの一つが山手線の大塚駅から歩いて1分のところにあり、アクセス抜群です。

都内や近辺で仕事をした方でも利用しやすいので息抜きがてらのワーケーションにはオススメです。

実際に今回は新宿で打ち合わせをした後に直接星野リゾートOMO5東京大塚へ向かいチェックインしました。

新宿駅から大塚駅までは山手線でも11分。
東京駅から大塚駅までは山手線で21分。

星野リゾートOMO5東京大塚までは、都心からのアクセスはとても便利ですね。

チェックインカウンターで自動チェックイン

(引用 BAUS

チェックインはQRコードの提示、または予約者名をチェックインカウンターに入力することでカードキーを受け取り利用することができます。

エレベーターもカードキーがないと利用できない仕組みになっていますのでセキュリティもしっかりされています。

「やぐらルーム」へ宿泊!どんなお部屋?

(引用 星野リゾート

宿泊したやぐらルームは、和のくつろぎをミックスしたツーリストのための客室です。

畳貼りなので靴を脱いでリラックスすることができます。

ヒノキ材を使用した立体的なやぐらは、上段がベッドスペースで下段がくつろぎソファとなっています。

バスルームにも檜素材が使用されており、檜の香りと落ち着きのあるスペースで心身の疲れも吹っ飛びます。

気になるWiFi速度、お部屋の作業は?

WiFi速度は80Mbps程でしたので、作業やzoomミーティングをしていての不便さはありませんでした。

また、お部屋には作業できる机などはありませんので、お部屋で作業をしたいという方には少し不便さを感じるかもしれません。

シングルルームは作業机がありますので、ひとり作業の場合はシングルルームを予約して利用するのは快適ですね。

部屋で作業できなくても4階に作業スペースあり!

ワーケーションをしたいと思っても、「やぐらルーム」には作業机はありません。マットを机にしてやることも出来ますが長時間の作業には不向きです。

そんな場合でも、4階のチェックインカウンター付近には作業することの出来るスペースがあります。

しかも、WiFiとコンセントがあり、宿泊者は24時間利用することができます。

ただし、24時以降の外出は出来ませんのでそれよりも前に夜食の調達をオススメします。

星野リゾートOMO5大塚は休養を十分に取れるワーケーション先だった!

星野リゾートOMO5大塚でのワーケーションは、しっかりとしたワーキングスペースを確保でき、客室でゆったりとリラックスできるので作業が捗ること間違いなし!

ビジネスホテルとは少し違った客室ということもあり、非日常的な空間としても味わうことができます。

是非ワーケーション先として検討してみてはいかがでしょうか?

予約フォームはこちら

 

当サイトでは全国のワーケーション情報を多数紹介しています。

「星野リゾートOMO5も良さそうだけど、他の観光地も検討したい」

という方はぜひ他の記事も参考にしてみてください。

本記事も最後までお読みいただきありがとうございました。