ワーケーション

【ワーケーションに必須の持ち物】これさえ準備しておけば大丈夫!

【ワーケーション必須持ち物8選】これさえ準備しておけば大丈夫!

休暇先で仕事も行うワーケーションが徐々に広まりつつありますが、いざワーケーションをしようと思っても、一体何を持っていっていいのか分からない人も多いと思います。

そこでこの記事では、ワーケーションを行う際に必要不可欠な持ち物と、これがあったら助かる、というアイテムを4つずつご紹介します!

今後ワーケーションを控えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ワーケーションは持ち物が少ない方がいい

ワーケーションは、休暇と仕事を両立しなければいけないので、意識してパッキングをしないと、どうしても荷物が多くなってしまいます。

ですが、ホテルからコワーキングスペース、ホテルから観光地など、どうしても移動回数が多くなってしまうので、できれば常に身軽でいたいところ。

パソコンなど重量があるものも持ち運ばなければいけないので、本当に必要なものだけを持っていくようにしましょう。

また、キャリーケースよりも、リュックの方がワーケーションにはおすすめ。何より移動が楽ですし、背負える量しか持っていくことができないので、必然的に荷物が少なくなりますよ。

ワーケーションに必要不可欠な持ち物4選

ワーケーションに必要な持ち物8選

休暇の時間に何をするかは人それぞれ違うので、ここでは、仕事をする上で絶対に必要な持ち物だけに絞ってご紹介します。

パソコン

ワーケーションが可能だということは、パソコンで仕事をしている人がほとんどでしょう。パソコンを忘れたら話にならないので、何よりも先に鞄に入れておくこと。

いつどこで必要になるか分からないので、家を出る前に充電はフルにしておきましょう。

イヤフォン

ワーケーションは、慣れない土地で仕事をすることになるので、自分自身で仕事環境を整える必要があります。そんな時に役に立つのがイヤフォン。周りの雑音をシャットダウンし、仕事に集中することができます。

最近はノイズキャンセリング機能付きのものもあるので、違いを比べてみるといいですよ。

延長コード

客室で仕事をしようと思っている方は、延長コードも用意しておいた方が吉。必ずしも卓上にコンセントがあるとは限りませんし、複数の電子機器を同時に充電する必要性が出てくる可能性もあります。

延長コードのレンタルサービスをしているホテルは少ないので、忘れないようにしましょう。

宿泊グッズ

衣類やお風呂セットなど、普段の旅行で必要な宿泊グッズももちろん必要です。

これは、ワーケーションならではの宿泊グッズになりますが、オンライン会議をする予定がある方は、綺麗めのトップスを1枚用意しておくといいでしょう。

ワーケーションであったら助かる持ち物4選

ワーケーションであったら助かる持ち物4選

絶対必須ではないですが、「これがあれば嬉しい!」というアイテムも併せてご紹介します。

ポケットwifi

今時、wifiがないホテルはほとんどありませんが、中には回線速度が十分ではない場所もあります。万が一仕事に支障が出ては困るので、ポケットwifiがあれば安心。

数日だけのレンタルはネットで簡単に申し込みができますし、費用も1週間2000円程度と安価なので、用意しておくことをおすすめします。

ただ、デザリング対応のスマホを持っていて、かつデータ使い放題プランであれば、わざわざ契約する必要はありません。

AC出力対応のモバイルバッテリー

旅先は何が起こるか分からないので、電源がない場所で充電が切れた時のために、AC出力対応のモバイルバッテリーを用意しておきましょう。最近では、AC出力対応のものでも、手のひらに収まるサイズのものもあり、持ち運ぶ際も邪魔になりません。

ただ、安い物でも1万円程するので、そこは予算と相談して決めるといいでしょう。

折り畳みパソコンスタンド

会社や家の机で仕事をしていると、折り畳みパソコンスタンドの必要性はあまり感じないかもしれませんが、訪れたことがない場所で仕事をするのであれば、持っていた方が良いです。

高さが合わない机での仕事は、想像以上に苦痛を要するもの。折り畳みパソコンスタンドがあれば、どんな机でも、自分の理想の高さにパソコンをセットできます。

値段も2000円台からありますし、折り畳みができる仕様のものであれば、それほど荷物になりません。

名刺

仕事をする際、現地のコワーキングスペースを利用することもあると思いますが、地元でビジネスをしている人やフリーランスが頻繁に出入りしていることも多いです。

思わぬ場所で、仕事に繋がる出会いがあるかもしれないので、名刺は常に持参しておきましょう。

ワーケーションの持ち物を減らすための3つの工夫

ワーケーションの持ち物を減らすための3つの工夫

ワイヤレス充電器を持参する

ワイヤレス充電器は、その名の通り、充電ケーブルがなくても電気機器を充電することができる優れもの。それぞれの電子機器に合わせて充電器を用意しなくていいので、一台持っていると非常に重宝します。

自身が持っている電子機器がQi(チー)に対応しているか、事前に確認しておきましょう。

必要書類はクラウドに保存しておく

仕事に必要な書類は、紙として持って行くのではなく、予めクラウドに保存し、いつでもパソコンからアクセスできるようにしておきましょう。

パソコン1台で仕事を完結できるようにしておくと、「パソコンさえあれば大丈夫」という気持ちでワーケーションに臨めるので、気持ち的にも楽になりますよ。

ホテルのアメニティを確認しておく

滞在するホテルが決まったら、どんなアメニティがついてくるのか確認すること。ワーケーションプランであれば、延長コードなどのレンタルをしてくれる場所もあるので、事前に分かっておけばその分荷物を減らすことができます。

仮に何か忘れたとしても、現地で調達することができるので、過度に心配しなくても大丈夫ですよ。

ワーケーションの持ち物は最小限に抑えよう

ワーケーションと聞くと、用意周到でなければいけないと思っている人も多いかもしれませんが、実際に必要な持ち物はそれほど多くありません。

休暇の時間に何をするかによって持ち物も変わりますが、最低限必要なものさえあれば、仕事に支障がでることはないでしょう。

移動することも多いと思うので、なるべく荷物は最小限に抑え、身軽に過ごしてくださいね!

ABOUT ME
かーりー
かーりー
018年6月〜ノマドワーカーとして国内外問わず旅をしながら仕事をしています。 様々な地域でワーケーションの経験があるので、体験者ならではの活きた情報をお届けしていきます! 仕事/ライティング・サイト運営・youtubeなど